間違ったお墓選びをしてしまいますと、お墓の管理者が適当だったりして、後々苦労をしてしまうこともあります。
今ではインターネットで数多くのお墓の口コミ情報を知ることが出来ますので確認をしてみてください。 一般的に「お墓」と呼んでいますが、そんなお墓には大きく2種類に分けることが出来ます。
その一つは墳墓と言われるものがあり、住宅で言いますと独立型の家屋、一軒家に相当します。

 

同じ日本国内でもお墓の形が異なっており、北海道や吸収ではお墓を利用するよりも納骨堂の利用が多くなっている特徴があります。
この納骨堂とは一つの家屋の中に多くの遺骨収容スペースが設けられたものとなります。
よく墳墓という言葉を聞くかと思いますが、これはお墓で区画が分かれている場所に建っているお墓のことを言います。
それに対しまして住宅ではマンション等の集合住宅に相当しているのが納骨堂となります。



【基礎知識情報】国内でも注目されてきている洋型のお墓ブログ:14 5 2020

(o・∀・)ノ*:;;;:*コンチクワ*:;;;:*

わしは小さい頃から車やバイクといった乗り物が好きで、
そこから派生してプラモデルとかラジコンとか車の販売とか、
いろいろなことをしてきました。

とにかく、
わしは車やバイクのことを考えているだけで幸せなんです♪

常にわしの頭の中の何割かは車とバイクに占領されていますから、
周期的に「車が欲しい!」「バイクが欲しい!」という波がやってきます。

いつになく大きな波がやってきた一週間位前、
わしは情報収集のために本屋に向かいました。

そして、車雑誌のコーナーで
わしが何気なく手に取ったのは中古車情報誌でした。

はじめは、何となくパラパラとめくっていただけなのですが、
いつの間にか、夢中になって1台1台の内容をチェックしていました。
1冊読み終えると、二時間近く経っていました。

二時間近くもわしを夢中にさせるこの本を
買って帰らない訳にはいかない!と、
妙な使命感のようなものを感じながらレジに持っていくと、
店員さんが言いました。

「ありがとうございます。240円になります」

「に、に、にひゃくよんじゅうえん?」

わしの幸せは、たった240円で手に入ったのでした!

その日はうれしくて、
読み直しても内容は何も変わらないのに、
深夜まで何度も何度も読み返してはうっとりしていたのでした…

それからも、
わしは日々日々飽きもせず
中古車情報誌を読み続けているのであります。

温泉に浸かるためには
お風呂屋さんまで出掛けなければいけませんし、
プラモデルやゲームで遊ぶにも準備やら後片付けやら遊ぶ時間やらで、
結構まとまった時間が必要になりますが…

わしの場合、
手元に中古車情報誌さえあれば、
秒単位でゴキゲンになることができます。

これはかなりお手軽で強力です!

――――――以上を持ちまして今日の報告は終了です。