今の日本には数多くのお墓がありますが、宗教の違いや環境の違いなど非常に様々あります。
ずっと愛し続けるお墓なのですから、失敗しないお墓選びをするようにしましょう。 お墓参りはお墓を綺麗にすることから始めることとなります。
墓所が落葉や雑草、またゴミだらけで墓石が泥や苔などで汚れているような状態ではご先祖に申し訳がありません。

 

お墓をお手入れする際には、雑巾やブラシを用意しておき、特に汚れが溜まりやすい文字の部分は、ブラシでよく汚れを落としましょう。
またお線香のシミや鳥のフンなどは雑巾を利用して綺麗に拭きとってください。
大きな敷地のお墓では雨風を十分に防ぐことが出来ませんので、お墓は過酷な環境下に置かれますので、しっかりとお手入れをしましょう。
綺麗な石の自然な光沢がいつまでも失われることなく保存をすることが出来ます。

amazon ec2の専門
amazon ec2はこちら
https://cloudpack.jp/service/plan/server.html



【基礎知識情報】大切なお墓の手入れを定期的に行うブログ:25 9 2019

1週間ほど前のこと…
今まで聞いた事の無い着信音で
携帯電話が鳴りました

今使っている携帯電話も二年位過ぎたので、
ついに故障してしまったのかな?と思いながら
その携帯電話を覗いてみると…

おいらの想像もしていなかった人からの着信で
その携帯電話は鳴り続けているではありませんか!

「なんでこの番号から電話がかかってるの?」
と思いながら、おっかなびっくり受話ボタンを押してみました。

すると…
携帯電話の画面にメッセージが現れてきました。
テレビ電話接続中…

ドキドキしながら、携帯電話の画面を凝視していますと、
現れた人物は、実家にいるママでした。
後ろにはパパも写っていました。

その時おいらは驚き、驚愕の声を上げ、
携帯電話に向かって、思わず手を振っていたのです。

おいらのママもパパも
聾唖者で全く耳が聞こえません。

だから小さな頃から、
「父母と電話で会話をする事は一生ありえない」
と思っていたんですよね。

近年、ママが携帯電話を持ち始め
メールのやり取りはしていました。

おいらにとって、
ママが持っている携帯電話は
メールのやり取りツールとしか思っていなかったのです。

おいら自身、携帯電話は、
電話で会話したりメールをするためのツールとしか利用していなかったのですが、
ママは違いました。

テレビ電話機能がこの携帯電話にある事を知ったママは、
一生懸命取扱説明書を見たり、
携帯電話に詳しい人に色々とテレビ電話の使い方について聞いて、
ママ自身も試行錯誤しながら…

こうやってむすめであるおいらに電話をかけてくれたんだな…と思うと
胸が熱くなり、じーんとしながら
父母と手話での会話を楽しみました。