ここでは注目されてきている洋型のお墓についてご案内しています。
【基礎知識情報】国内でも注目されてきている洋型のお墓

【基礎知識情報】国内でも注目されてきている洋型のお墓



【基礎知識情報】国内でも注目されてきている洋型のお墓ブログ:09 9 2018


息子のころ、ママから
「食べ物を食べる時にはきちんと噛みなさい」と
言われたことはありませんか?

よく噛むことで、食べ物が細かくなりますから
消化器官への負担が軽減されるというメリットがあります。

また
よく噛むことは、
減量にもつながっていくそうなんですよね。

噛むことと減量をつなぐカギは、
満腹中枢にあります。

食事をし始めてからしばらくたつと、
満腹中枢というところから
「ウエストいっぱい」という信号を発します。

すると、「ウエストいっぱい」という信号が脳に伝わり、
おいらたちの体質は満腹感を感じることができるわけです。

ところで、この満腹中枢ですが、
食事をしてからしばらく時間が経過をしないと
信号を発さないことが分かっています。

個人差はありますが、
たいていは20分前後で信号を発するといわれています。

ですから早食いで、
20分以内に食べ終わってしまうと、
どこかウエストが物足りなかったりするんです。

一方、
20分以上、じっくりと時間をかけて食事をすれば、
少ない量でもウエストが満足します。

だから、ゆっくり噛むという行為が重要なんですね。

ゆっくり噛むことによって、
その分食べ物を飲み込むまでに時間がかかります。

ということは、少ない食事量であっても、
十分に満腹感を得ることができるようになるわけです。

噛む回数を増やす方法は、いくつもあります。

ゴボウなどのかたい食材を多く取り入れると、
どうしても噛み砕くのに時間がかかります。

また、食べ物をくちに運んだら、
いったん箸を置くという方法も有効みたいですよ。
箸をいちいちおくことで、その分噛む回数が増えてくるからです。

フンガフフ
【基礎知識情報】国内でも注目されてきている洋型のお墓

【基礎知識情報】国内でも注目されてきている洋型のお墓

★メニュー

【基礎知識情報】法律とお墓の関係を勉強しよう
【基礎知識情報】いろいろ形が用意されているお墓
【基礎知識情報】大切なお墓の手入れを定期的に行う
【基礎知識情報】公営のお墓は自治体による管理
【基礎知識情報】寺院のお墓は宗教法人によって管理と運営
【基礎知識情報】よく聞く改葬とは新しいお墓へ移すこと
【基礎知識情報】国内でも注目されてきている洋型のお墓
【基礎知識情報】金銭面で割安となる生前のお墓
【基礎知識情報】どんなお墓を建てたいかを考えよう
【基礎知識情報】高価なものでは一千万円以上もするお墓


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)お墓を賢く探しま専科