ここでは生前のお墓についてご案内しています。
【基礎知識情報】金銭面で割安となる生前のお墓

【基礎知識情報】金銭面で割安となる生前のお墓


【基礎知識情報】金銭面で割安となる生前のお墓
いつの時代になってもお墓は大切なものであり、またその時代毎に人気のお墓というものがあります。
どんな石材を選んだら良いのか?どんな形を選んだら良いのか?をまずはしっかりと考えておくことが大切です。 生前にお墓を建てることを「寿陵」と言い、年々寿陵を選ぶ人が増えてきています。
寿陵は、古くから「長寿」「子孫繁栄」「家内円満」の3つの徳があると言われており、長寿を授かるものとされています。

そもそもお墓自体は非課税財産として区分されますので、相続をする際の課税対象外になります。
墓地の取得は土地の売買とは違い、墓地の「使用権」を取得となることから、不動産取得税や固定資産税なども発生しません。
今では全体の7割以上が寿陵によってお墓を求めている傾向にあります。
そして寿陵は金銭面でもお得となっていますので、多くの人に注目のされている方法なのです。






【基礎知識情報】金銭面で割安となる生前のお墓ブログ:19 12 2019

ダイエット中の炭水化物との上手な付き合い方は、
時間帯によって炭水化物の摂取量を調整することです。

炭水化物は
10時は食べても脂肪として蓄積されにくいのですが、
夕方になると脂肪として蓄積されやすくなるからです。

脂肪が肉体に蓄積される要因として、
「インスリン」というホルモンが関係しています。

このインスリンは、
肉体に脂肪を蓄積させる作用を持っています。

インスリンは
炭水化物や糖類を多く摂取すると分泌量が増え、
脂肪の蓄積を促進させてしまいます。

だったら
「炭水化物を摂らない方がいいんじゃない?」
と思うかもしれませんが…

炭水化物は
肉体のエネルギー源として重要な栄養素ですので、
全く摂らないのはダメです!

重要なのは
「適切な時間帯に適量摂る」ことです。

夕方は、インスリンの分泌が高まるので、
摂取した炭水化物はエネルギーとして使われにくく、
脂肪として蓄積されやすくなるのですが、
10時は脂肪として蓄積されにくいのです。

炭水化物を摂らないのではなく、
正しい知識で摂取すれば、脂肪の蓄積を抑えることができます。

多くの人は
「炭水化物=太る」と認識していますが、
これは正しくもあり大きな間違いでもあります。

摂らないのではなく、
正しく摂る!のが大切なんです。

10時は一日のエネルギーを蓄えるため
炭水化物を適量摂るようにして、
一日の後半の食べる事になるほど
炭水化物の摂取量を抑えるようにしましょう!

このように
炭水化物を摂る時間帯を調整することで、
肉体に必要なエネルギーはしっかりと摂取できる上、
肉体に脂肪が蓄積しにくい食生活となるのです。

嗚呼,いい気分
【基礎知識情報】金銭面で割安となる生前のお墓

【基礎知識情報】金銭面で割安となる生前のお墓

★メニュー

【基礎知識情報】法律とお墓の関係を勉強しよう
【基礎知識情報】いろいろ形が用意されているお墓
【基礎知識情報】大切なお墓の手入れを定期的に行う
【基礎知識情報】公営のお墓は自治体による管理
【基礎知識情報】寺院のお墓は宗教法人によって管理と運営
【基礎知識情報】よく聞く改葬とは新しいお墓へ移すこと
【基礎知識情報】国内でも注目されてきている洋型のお墓
【基礎知識情報】金銭面で割安となる生前のお墓
【基礎知識情報】どんなお墓を建てたいかを考えよう
【基礎知識情報】高価なものでは一千万円以上もするお墓


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)お墓を賢く探しま専科