ここでは法律とお墓の関係についてご案内しています。
【基礎知識情報】法律とお墓の関係を勉強しよう

【基礎知識情報】法律とお墓の関係を勉強しよう


【基礎知識情報】法律とお墓の関係を勉強しよう
大きな買い物の一つであるお墓を購入するためには、その前にお墓を探さなければいけません。
「お墓なんてどこでも構わない」なんてことはなく、利便性を考えて、その他価格面などを考慮しなければいけないのです。 日本国が定めているお墓の定義や埋葬等に関する法律に「墓埋法」があります。
この墓埋法の中では、遺体や遺骨を埋葬する場所を「墓地として都道府県知事の許可を受けた区域」と限定されているのです。

あまり知られていないことですが、日本が定める法律によって納骨堂とお墓というのは、しっかりと区別がされているのです。
またどこにでも埋葬をして良いということは無いので、まずはお墓の管理者などに相談をしてみると良いでしょう。
墓埋法が定められていますが、これは遺骨を保管するための納骨堂に関しての規制もあります。
「他人の委託を受けて焼骨を収蔵するために、納骨堂として都道府県の許可を受けた施設」となっているので覚えておきましょう。




【基礎知識情報】法律とお墓の関係を勉強しようブログ:09 1 2020

今日はなんとなく思った事を書きますね

食べ物が豊富にある時代ですので、
「もったいない」の精神は大切なこととは思いますが、
減量に関しては、別問題じゃないでしょうか?

せっかく減量しているのに、
お子様が食べ残したものなどが「もったいない」からと、
食べてしまっては意味がありません。

また、お子様のおやつの時間に
ついつい一緒に食べてしまったりしていては、
一日の総カロリーは簡単にオーバーしてしまいますよ。

手持ちの服がきつくなってしまい、
新たに服を買い換えたりするのも
「もったいない」ですよね。

また、
減量のために高額な減量商品を購入したり、
エステサロンに通ったり、ジムへ通ったりすると
どんどんお金がかかることになります。
これも「もったいない」話ですよね。

太って体重が重たくなると、
歩くのが面倒になりがちです。

そうするとだんだんと足が弱り、
歩くことができなくなり、更には通院にタクシーを利用したりで
お金もどんどんかかることになり…
悪循環に陥ってしまいますよね。

姉のために料理をたくさん作って
食卓をにぎやかにしようと思っている方も多いと思いますが…

たくさんの料理を全部残さず食べることは、
決して減量に良いわけではありませんし、
肉体にとっても負担になるばかりです!

生活習慣病や糖尿病などになってしまっては大変です。
多額の医療費もかかりますしね。

姉が満足できる量をつくれば、
なにも余るほど作ることはないと思います。

「もったいない」からと食べ過ぎて
減量に失敗するほうが、よっぽど
「もったいない」ことですよ!

どんとはれ
【基礎知識情報】法律とお墓の関係を勉強しよう

【基礎知識情報】法律とお墓の関係を勉強しよう

★メニュー

【基礎知識情報】法律とお墓の関係を勉強しよう
【基礎知識情報】いろいろ形が用意されているお墓
【基礎知識情報】大切なお墓の手入れを定期的に行う
【基礎知識情報】公営のお墓は自治体による管理
【基礎知識情報】寺院のお墓は宗教法人によって管理と運営
【基礎知識情報】よく聞く改葬とは新しいお墓へ移すこと
【基礎知識情報】国内でも注目されてきている洋型のお墓
【基礎知識情報】金銭面で割安となる生前のお墓
【基礎知識情報】どんなお墓を建てたいかを考えよう
【基礎知識情報】高価なものでは一千万円以上もするお墓


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)お墓を賢く探しま専科