ここでは法律とお墓の関係についてご案内しています。
【基礎知識情報】法律とお墓の関係を勉強しよう

【基礎知識情報】法律とお墓の関係を勉強しよう


【基礎知識情報】法律とお墓の関係を勉強しよう
大きな買い物の一つであるお墓を購入するためには、その前にお墓を探さなければいけません。
「お墓なんてどこでも構わない」なんてことはなく、利便性を考えて、その他価格面などを考慮しなければいけないのです。 日本国が定めているお墓の定義や埋葬等に関する法律に「墓埋法」があります。
この墓埋法の中では、遺体や遺骨を埋葬する場所を「墓地として都道府県知事の許可を受けた区域」と限定されているのです。

あまり知られていないことですが、日本が定める法律によって納骨堂とお墓というのは、しっかりと区別がされているのです。
またどこにでも埋葬をして良いということは無いので、まずはお墓の管理者などに相談をしてみると良いでしょう。
墓埋法が定められていますが、これは遺骨を保管するための納骨堂に関しての規制もあります。
「他人の委託を受けて焼骨を収蔵するために、納骨堂として都道府県の許可を受けた施設」となっているので覚えておきましょう。




【基礎知識情報】法律とお墓の関係を勉強しようブログ:10 6 2020

もともと料理屋に生まれた僕は、
幼い頃から出前やら洗い場やら手伝いを強いられました。

遊びたい盛りなので、
その頃はイヤでイヤで仕方なかった記憶があります。

勉強嫌いな僕が試験前に珍しくやる気を出すと、
決まって出前の注文がきたものです。

文句を言っても、
普段から勉強していないためそれも通じず、
泣く泣く出前に行かされる羽目になりました。

とにかく親父もママも忙しくて、
暖かいごはんを食べることも、
家族そろって夕方食を囲むことも、
正月くらいしか記憶にありません。

学校の弁当は
いつも自分で前の日の残りものと
冷やごはんを詰めて持って行きました。

料理屋は表から見れば、
綺麗な料理を作る綺麗な仕事かもしれませんが、
裏から見れば休みもなく、とにかく下仕事が多くて辛い仕事…

僕はそれが身にしみていたので、
大学を出るまで親の店を継ぐなんてことは考えもしませんでした。

ただ、
嫌々ながらも料理の手伝いはしていましたから、
「うまい」「まずい」は体が自然に覚えました。

家では手の空いた者からご飯をとるというのが当たり前で、
時には刺身の切れ端や料理の残りものもありましたが、
大半はごはんとおしんこと味噌汁だけでした。
でも、それで十分でした。

漬物はそれだけでごはんをおいしくいただけるすぐれもの。
今でも漬物だけはおいしいものを食べたいと思います。

糠床を連日かきまわしていくうちに
何となくコツがわかってきます。

ごはんをおいしく炊いて、おしんこをおいしく漬けられれば、
たいていの料理はおいしく作れるんじゃないでしょうか?

【基礎知識情報】法律とお墓の関係を勉強しよう

【基礎知識情報】法律とお墓の関係を勉強しよう

★メニュー

【基礎知識情報】法律とお墓の関係を勉強しよう
【基礎知識情報】いろいろ形が用意されているお墓
【基礎知識情報】大切なお墓の手入れを定期的に行う
【基礎知識情報】公営のお墓は自治体による管理
【基礎知識情報】寺院のお墓は宗教法人によって管理と運営
【基礎知識情報】よく聞く改葬とは新しいお墓へ移すこと
【基礎知識情報】国内でも注目されてきている洋型のお墓
【基礎知識情報】金銭面で割安となる生前のお墓
【基礎知識情報】どんなお墓を建てたいかを考えよう
【基礎知識情報】高価なものでは一千万円以上もするお墓


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)お墓を賢く探しま専科