お墓を選ぶのって意外と難しそうなイメージがありますが、覚えてしまえば理想的なお墓を見つけることが出来ます。
あまりにも多くお墓がありますので、まずはその中から様々なことを比較するところから始めていきましょう。 最近の墓石の形は、大別して「和型」と「洋型」に分けられ、洋型の主流はストレート型とオルガン型となります。
またストレート型もオルガン型も二段型と三段型に分けることが出来ます。

 

これまでの風習に影響されることなく、新型タイプのお墓が裕福層を中心として人気となっています。
個性的なニューデザインタイプと呼ばれるいろいろな形の墓石が現れています。
お墓にはいろいろな形から選ぶことが出来るようになっていますが、特に二段型が代表格と言ってもいいでしょう。
また三段型は、竿部と洋台部の間に中台部と呼ばれるものがある墓石のことを言います。



【基礎知識情報】いろいろ形が用意されているお墓ブログ:19 1 2020

一昨日の夕方、
隣の家の庭でバーベキューが始まった。
娘たちの楽しそうな声が聞こえる…

我が家では
バーべキューをしなくなってから
どれぐらい経つのだろう…
以前はとても賑やかだったなぁ…

ホームセンターで
バーベキューセット・炭・木製椅子・照明器具を購入。
主賓は小学一年の男の子である。

夕方になるのを待って庭に照明器具を設置し、
団扇を使って火をおこす。
主賓の男の子は火の周りではしゃぐ。

火に勢いがつくと、
奥さんに肉と野菜、おにぎりを運んでもらう。
おいらは缶ビールを左手に豪快に焼く。

男の子と奥さんに抱っこされたムスメは椅子に座り、
焼き上がるのを待ちながら麦茶を飲む。
やがて箸が次々伸びる。

ムスメが小学生になると、
近所の女の子も加わり、庭は最高に賑わった。
そのうち、バーベキューの主賓が男の子からムスメに替わった。

男の子はテレビの画面が気になるのだ。
焼きあがるとやって来て食べ、食べるとテレビの前に行く。

それから間もなく、
ムスメも男の子とテレビを見る時間が長くなった。

焼きあがった肉と野菜を前に、
おいらは娘を待つ時間が長くなっていった。

パチパチはねる炭火の音を聞きながら
おいらは一人でビールを飲んでいる…

奥さんが出て来て言う
「だれも居ないのね」…

「うーん、一人バーベキューだね」
おいらは、仕方なく苦笑した。

今、娘たちは自立して家にいない。

お父さん主催のバーベキューから離れたのも
自立の一歩だったんだなぁ…
あれでよかったんだ。

隣では楽しそうな声が続いている…

奥さんが台所から出て来て言った。
「フフフ、一人バーベキュー」…
「そう、一人バーべキュー」おいらも笑った。

おいらは、少し切なかった…