「お墓なんて一般的な形を選んで、適当に霊園を選べばいいや」などと考えていませんか?
お墓にもいろいろな石材や形もありますし、霊園に関しても管理状況や立地条件など選ぶ要素はいろいろとあるのです。 「故郷にお墓はあるけど戻らないし、お参りに行くのも大変なので住まいの近所に欲しい」とお墓を移したい人も多いでしょう。
このように遺骨を既存のお墓から新しいお墓へ移し、そして埋葬し直すことを改葬と呼んでいます。

 

改葬をするためには様々な要点に注意する必要があり、遺骨の収蔵量、また同様の宗派のお墓を建てることが可能なのかを確認しましょう。
既存の墓地の管理者には、改葬の旨を話し埋蔵証明書の発行を依頼してください。
もし改葬を希望されるのでしたら、各市町村の役場で、その許可を受理してもらう必要があります。
もちろんそのためには遺骨を移す新しい墓地がすでに決まっていることが条件となります。



【基礎知識情報】よく聞く改葬とは新しいお墓へ移すことブログ:29 10 2019

ダイエットというと、
「食事制限による空腹との戦い」なんてイメージを
持っている人が多いかもしれませんが、
これって大きな勘違いなんですよね。

食事の極端なカロリー制限や絶食は、
ようやく食べ物が身体に入ったという反動から、
失われたエネルギーを溜め込むので、
身体の中に蓄積しやすくなり、太りやすくなってしまうんですよ!

ダイエットを成功させるためには、
身体に重要な栄養素を欠かさないように、
食事メニューを変えることが必要になってきます。

絶食を行うことは、
ダイエットを成功させるために、
好ましいことではないんです。

絶食をすれば、一時的に体重が落ちるかもしれませんが、
その先にはリバウンドが待ち受けています。

ダイエットで欠かすことができないのは、
ビタミンやミネラルを含んだ野菜類・果物。
筋肉や肌、髪、爪を作るために不可欠なたんぱく質。
身体の脂肪を燃焼する為に重要な脂質、
身体を冷やさずにキープさせる為の炭水化物です。

つまり、すべての栄養素をバランスよく摂らなければ、
健康的にボディサイズを下げることはできません。

また肌や髪、爪が弱ってしまっては、
ダイエットは失敗と言わざるを得ません。

ダイエットのためとはいえ、
栄養バランスの悪い食事では、
ボディサイズや体重は減っても、
身体に支障が起こる可能性が高いのです。

特に、
10代のうちは医師の指示がない限り、ダイエットは禁物です。

そのときは良いかもしれませんが、
20代で骨が脆くなってしまうというデータがあります。

成長期に理想的な身体が欲しいのであれば、
必要なのは食事制限ではなく、運動なのです。